仮想通貨2018年予測

仮想通貨の種類と取扱い仮想通貨取引所(国内限定)

仮想通貨の種類と取扱い仮想通貨取引所(国内限定)

日本国内の仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨は限られています。

さらに、取り扱いの種類は取引所によってばらつきがあるので、一覧表を作成しました。

主要通貨/日本円

販売所→決まった価格で販売所から購入、売却を行う

取引所→ユーザー間で売買を行う

関連記事:仮想通貨の販売所と取引所って何が違うの?

現在、国内で購入できる主要仮想通貨は9種類です。

ZaifQUOINEのように取引所トークンを発行している取引所もあります。

 仮想通貨名称 マーク 販売所取扱い 取引所取扱い
 ビットコイン
(BTC)
ビットフライヤー
ザイフ
 ビットフライヤー
ザイフ
ビットトレード
みんなのビットコイン
QUOINEX
ビットポイント
ビットバンク
 ビットコインキャッシュ
(BCH)
ビットフライヤー ザイフ
みんなのビットコイン
QUOINEX
 イーサリアム
(ETH)
ビットフライヤー ビットフライヤー
ザイフ
みんなのビットコイン
QUOINEX
ビットポイント
 イーサクラシック
(ETC)
ビットフライヤー  QUOINEX
 ライトコイン
(LTC)
ビットフライヤー  QUOINEX
 モナコイン
(MONA)
ビットフライヤー
ザイフ
ザイフ
ビットトレード
ビットバンク
 リスク
(LSK)
ビットフライヤー  
 ネム
(XEM)
  ザイフ
QUOINEX
リップル
(XRP)
  ビットトレード
QUOINEX
ビットバンク

一覧でご紹介した仮想通貨取引所は、金融庁の仮想通貨交換業に登録されている取引所のみとなっています。

 

仮想通貨交換業者登録一覧 金融庁発表情報

仮想通貨の特徴やおすすめポイント

ビットコイン

国内・海外ともに必ず取扱いがある基軸通貨です。

今後の値動き予想は様々ありますし、絶対に無くならないとは言えませんが手堅い仮想通貨といえます。

海外取引所にも必ず送金できるので、値下がりしたときに保有しておきたいですね。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

イーサリアム

仮想通貨を用いたゲームや、エアドロップのトークン配布などで採用されるイーサリアム系仮想通貨など、派生コインが沢山あります。

イーサリアム(ETH)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

リップル

ブロックチェーンを用いた送金システムを世界的に広げるためのプロダクト、リップル。明確な目的やロードマップに期待する声は多く価値が上がることを最も期待されている仮想通貨といえます。

仮想通貨リップル(XRP)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

ネム

日本では、Zaifの運営会社テックビューロが開発するトレーサビリティプラットフォームmijinとセットで注目をされる仮想通貨です。

NEM決済を地道に広げるコミュニティもあり、根強いファンに支えられているイメージが強いです。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

リスク

イーサリアム同様、プラットフォーム内で独自トークンが発行できます。

日本では、Bitflyerでしか購入できないこともあり知名度は低めです。

仮想通貨リスク(LSK)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

モナコイン

有名巨大掲示板2ちゃんねるのキャラクター猫、モナーをモデルにしたデザインが印象的な日本発祥の仮想通貨です。

オタクコミュニティで生まれたので、日本のオタク文化が好きな海外の人にも人気が広がっているようです。

モナコイン(MONA)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

ライトコイン

海外メディアで、スタバとamazonが決済にライトコイン導入を検討していると報道したことで一時注目をされていました。

日本ではあまり話題になりませんが、アメリカでは【ビットコインの次のコイン】という位置づけで安定した人気があります。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

ビットコインキャッシュ

いわずとしれた、ビットコインのハードフォークコインです。詳しくはビットコインハードフォークの歴史で書いています。

2018年はビットコインの価値を超えると噂されていましたが、下半期で巻き返せるのか注目したいところです。

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC/XBC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

エイダコイン

日本で購入できる取引所はありません。もともとオンラインカジノ用に開発された仮想通貨で、現在はゲーム全般で使うためにシフトされています。

仮想通貨プロジェクトCardanoのエイダコイン(ADA)の特徴まとめ  買い方と購入におすすめな取引所

ステラ(ルーメン)

こちらも、日本の取引所では取扱いがありません。

リップルが法人同士の送金を主軸にしているのに対し、ステラは個人間の送金に使いやすい仮想通貨を目指しています。

仮想通貨Stellar(ステラ)プロジェクト XLM(ルーメン)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

 

仮想通貨の時価総額ランキングも併せてチェックしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事