仮想通貨2018年予測

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

コインチェックの仮想通貨不正流出事件で、初めてネム(NEM/XEM)を知った方も多いのではないでしょうか。

コインチェックで保有していた方は不安な思いをした記憶が新しいですね。(私もです)

日本での人気はあるのか、仮想通貨ネムを買うべきか迷っている方は、この記事を読むとざっくり理解できるはずです。

とりあえずネム(XEM)が買えるところが知りたいという方はZaifに口座開設をしましょう。(国内唯一の取り扱いです)

ネム(NEM/XEM)の特徴

ネム(NEM/XEM) の特徴の前に、NEMとXEMの違いを知っていますか?

NEM(ネム) プロダクト名

XEM(ゼム) 仮想通貨名

他の仮想通貨でもプロダクト名と仮想通貨名が間違われることは多々ありますが、NEMは仮想通貨ではありません。

仮想通貨はXEMです。しかし本記事では皆さんが馴染み深いネムという呼び方で統一します。

 

ネム(NEM)は、NEM Smart Asset System(ネムスマートアセットシステム)と呼ばれるシステムを開発するプロダクトです。金融・物流・文書公証などあらゆる取引情報をブロックチェーンで記録管理できます。

また、開発言語を制限せず、様々なアプリケーションを連携しやすいという特徴があり、ブロックチェーンを実経済で活用していく強い意思が垣間見えます。

日本では仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で有名なテックビューロ社と技術提携をしており、同社が開発したブロックチェーンシステム、mijin(微塵)はジビエ食肉流通トレーサビリティに採用されました。

ジビエが狩猟され、消費者に届けられるまでの流通を可視化し、家畜肉以上に安全性が求められるジビエの品質管理に一役買います。

日本初!ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンを本採用

 

ネム(XEM)の時価総額ランキング15位

2018年4月3日時点の時価総額は$1,943,451,000で、日本円で約2,050億円です。(1ドル=105.5円)

一時10位内に入っていたXEM(ネム)ですが、現在は10~15位あたりを行ったり来たりしています。不正流出事件の際に大きく下落をしましたが、その後も仮想通貨そのものの冷え込みでゆるやかな下落を続けています。

ネム(XEM)の価格

2018年1月のバブル状態から、コインチェックの不正流出G20の決議不安、さらに日本に関しては金融庁の取り締まり強化で仮想通貨全体で下げが止まらない状態です。

ネムの単価(JPY/XEM)

 

ネム(XEM)の各取引所の価格

※API公開をしている取引所のみ掲載されています。出典元:COIN JINJA

ネム(XEM)のチャート変動と今後の予測

xemチャート

XEM(ネム)は2015年4月の発行時点で1XEM=$0.0003とかなり低いところからスタートしました。およそ2年間は大きな動きがなく、推移しています。

その後2017年5月にムーンが起きます。$o.24(日本円で約25円)と単価は低いですが2015年4月から800倍の価値となりました。

そして、仮想通貨バブルとなった2017年末には主要通貨同様に激ムーン!$1.9なのでおよそ2年半で約6300倍という恐ろしい値上がりをしました。開始時に16,000円分のXEMを持っていた方は億り人になっている計算です。

すごい・・・。

2018年3月30日現在は、1XEM =$0.22まで下がっています。仮想通貨のバブルがはじけて元に戻ったという印象ですね。

ネムの2018年予想をしてるwebサイトをご紹介します。

 

2018年に予定されている大型アップデート、カタパルトによってネム(NEM)は改良されるため、ネム(XEM)の価値も上がるというのがおおかたの予測です。

テックビューロ社が深く関わっているというのが安心材料になっていますね。

ネム(XEM)を取り扱う国内取引所

事業者 日本円入金手数料
(銀行振込の場合)
ネム
売買手数料
ネム
送金手数料
最低送金
可能額
Zaif
公式サイト>>
振込手数料
のみ
maker 0%
taker 0.1%
 2XEM~ 明記なし

※上記は全て金融庁の事業認定を受けている国内事業者です。みなし認定事業者、海外取引所はご紹介していません。

※DMMbitcoinでもXEMの取り扱いがありますがレバレッジのみなので掲載していません。

取扱いはZaifのみ

国内取引所でネム(XEM)を取引できるのはZaifのみとなっています。コインチェックは現時点でみなし業者なのでご紹介をしていません。

Zaifは取引手数料が比較的安価であり、多くの仮想通貨を取扱いしているので口座を持っておくと良いでしょう。

メール対応については『そもそも返信がない』ことが多く、私も2回ほどお問合せしましたがスルーされたので期待しないほうが良さそうです。

ネム(XEM)の買い方

  1. 取引所に日本円を入金する
  2. 着金確認後、取引所・販売所の価格で買い
  3. 以上

取引所の口座開設さえ完了してしまえば、ネムの購入は簡単です。口座開設は必ず本人確認書類の送付があり、利用開始までに最短でも5日間ほどかかります。

口座開設はどこも無料なので、気になっているという方は開設しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨の種類カテゴリの最新記事