仮想通貨2018年予測

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

仮想通貨の代名詞といえばビットコイン(BTC)、仮想通貨という言葉よりも先にビットコインという言葉から知った人のほうが多いでしょう。

そんなビットコイン、聞いたことはあるけどいまだによく分からないという方のために、特徴やこれまでの価格変動 を交えながら、これから買うべきかを考えたいと思います。

とにかく安くビットコインを買いたいという方は、国内唯一購入手数料マイナスのZaifで口座開設をしておきましょう。

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコインといえば、世界で初めて取引が行われたといわれる仮想通貨です。2018年現在では1500種類以上の仮想通貨が存在していますが、ビットコインのオープンソースを元に作られた仮想通貨も多く存在します。

ビットコインの詳しい成り立ちや仕組みは沢山紹介されていますが、開発者はいまだに謎のままです。ビットコインの元となる論文を書いたSatoshi Nakamotoという存在がキーマンとなっていますが、実在の人物かどうかは明らかになっていません。

とはいえ、謎の組織から突然生まれたわけではなく、関係者として名前を出している方々が多くいます。始まりはSatoshi Nakamotoとのインターネット上のやりとりで、技術者たちはメールだけで開発を進めたのでSatoshi Nakamotoには会っていないと話しています。(映画BANKING OF BITCOINより)

ビットコインは特定の中央銀行や企業が発行している通貨ではなく、発行や取引はすべてネットワーク上で行われています。

公式webサイトや問い合わせ先は存在せず、責任者と呼ばれるような人もいません。ビットコイン取引ネットワークに参加している人全員で監視しあい、管理しているのです。

(取引所を利用している人は、取引所がその役割をしています)

また、ビットコインは複数回のハードフォークも特徴の一つ。これについては別記事で解説しています。

ビットコイン(BTC)のハードフォーク2018年最新版 特徴や歴史など徹底解説

ビットコイン(BTC)は時価総額ランキング1位

2018年4月10日時点の時価総額は$115,064,924,870で、日本円では約12兆1,392億円です。(1ドル=105.5円)

 

圧倒的な時価総額で1位の座が揺るがないビットコインですが、2017年には何度もハードフォーク(仕様変更)を行い、市場では不安視する声も出ています。

良くも悪くも長い歴史があるビットコイン、新しく多機能な仮想通貨が多く生まれる中で価値があるのは圧倒的なブランド力といえます。

ビットコイン(BTC)の価格

2018年1月のバブル状態から、コインチェックの不正流出G20の決議不安、さらに日本に関しては金融庁の取り締まり強化で仮想通貨全体で下げが止まらない状態です。

ビットコインの単価(JPY/BTC)

 

ビットコイン(BTC)の各取引所の価格

※API公開をしている取引所のみ掲載されています。出典元:COIN JINJA

ビットコイン(BTC)の価格変動と今後の予測

ビットコインチャート

ビットコインは2013年5月時点で$103.43でした。(取引自体は2009年から行われています)

この頃、日本でも仮想通貨取引所の開設が進みます。

2013年12月には一時$1,000を超えますがすぐに$200まで下がり、2016年末まではその間で上がったり下がったりを繰り返します。

大きく動いたのは2017年年始、3年ぶりに$1,000を超えると2017年年末にはおよそ20倍の$19,535まで高騰し続けました。この少し前のタイミングで日本では仮想通貨ブームが起きます。

異様な高騰はすぐに収まり、$10,000前後で落ち着きを見せていたビットコインですが、コインチェックの不正流出事件などマイナス情報を受け、価格は下がり続け2018年4月現在では$6,960.79となっています。

ビットコインの2018年予想をしてるwebサイトをいくつかご紹介します。

 

ビットコインはこれからの仮想通貨ではない、という嫌な風向きが変わるのに十分なポジティブ要素としては、LightningとSegwitの存在があります。

Lightningはビットコインのブロックチェーン上でのみ機能するオーバーレイネットワークということで、ビットコインの課題である送金の遅さや手数料の高さを解決するツールとして注目されていくことが予測されます。

Lightning Labos, Inc.公式HP

Segwitとは?(出典:bitFlyer)

ビットコイン(BTC)を取り扱う国内取引所

期待と注目の新ツールがあるとなれば「ビットコインを持っておこうかな」となるのが人の心理ですよね。無理のない範囲で、使いやすい取引所を選びましょう。

事業者 日本円入金手数料
(銀行振込の場合)
ビットコイン
売買手数料
ビットコイン
送金手数料
最低送金
可能額
bitFlyer
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 0.01~0.15%

 0.0004BTC~

制限記載
なし

Zaif
公式サイト>>
 振込手数料
のみ
メイカー:-0.05%
テイカー:-0.01%
 0.0001BTC~ 制限記載
なし
Bitbank
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 無料
※キャンペーン中
 0.001BTC 0.0001BTC
GMOコイン※1
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 無料
※マイナー手数料別途
 無料 0.02BTC
DMMbitcoin
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 無料  0.0008BTC~ 0.02BTC
QUOINEX
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 無料  無料 制限記載
なし
Bit Trade
公式サイト>>
振込手数料
のみ
メイカー:0.2%
テイカー:0.2%※2
 0.001 BTC 0.0001BTC
Bit Point
公式サイト>>
振込手数料
のみ
 無料 無料 0.01BTC

※上記は全て金融庁の事業認定を受けている国内事業者です。みなし認定事業者、海外取引先はご紹介していません。

※1:GMOコインは取引所機能はなく、FXと販売所のみです。

※2:メイカーとテイカーとは(出典:Bittrade)

  • メイカー:注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のことをメイカーと呼びます。
  • テイカー:注文が取引板(気配値)に並んだ既存の注文で約定することにより、結果として市場から流動性を取り除く取引のことをテイカ―と呼びます。

売買手数料で選ぶならZaif

Zaifではビットコインのみ、売買手数料がマイナスになっているので購入するだけで手数料分もらえるということになります。送金利用の予定がなければ、Zaifでビットコインを購入して値上がりしたときに売却するのが最も利益が出やすいということですね。

Zaifは国内唯一の仮想通貨積立サービスも行っているのでお勧めです。

人気で選ぶならBitbank

見やすいシンプル画面と取扱い通貨の幅広さ、セキュリティの強さで最近人気なのがBitbankです。日本でも人気のRipple(XRP)や最近注目されているLitecoin(LTC)の取り扱いがあるので、これから仮想通貨を色々取引してみたいという方にお勧めです。

ビットコイン(BTC)の買い方

  1. 取引所に日本円を入金する
  2. 着金確認後、取引所・販売所の価格で買い
  3. 以上

取引所の口座開設さえ完了してしまえば、ビットコインの購入は簡単です。口座開設は必ず本人確認書類の送付があり、利用開始までに最短でも5日間ほどかかります。

口座開設はどこも無料なので、気になっているという方は開設しておきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨の種類カテゴリの最新記事