仮想通貨2018年予測

仮想通貨Stellar(ステラ)プロジェクト XLM(ルーメン)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

仮想通貨Stellar(ステラ)プロジェクト XLM(ルーメン)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

 

ロケットのロゴマークでお馴染みのStellar(ステラ)は、日本国内でも支持者が多い有名な仮想通貨アルトコインです。時価総額上位をキープしているStellar(ステラ)の今更聞けない基本情報を調べてみました。

国内取引所に取扱いがないのに何故人気があるのか、今からでも買っておくべきか検討したいと思います!

Stellar(ステラ)XLM(ルーメン)の特徴

StellerロゴマークStellarと上記ロゴマークはStellar Development Foundationの商標です。
ブランドポリシー

ステラと呼ばれることが多い仮想通貨XLMですが、プロジェクト名をStellar(ステラ)と言います。

Stellar公式HP

2014年に立ち上がったStellarプロダクトですが、2015年にネットワークのアップグレードを行い、そのタイミングで通貨名称がSTR(ステラ)からXLM(ルーメン)に変更されました。この名残で今でもXLM(ルーメン)のことをステラと呼ぶ人々が多くいます。

ソニプラがPLAZAに変わった後もソニプラと呼ぶ感じですね。

Stellarは国際送金をスマートに行うためのプロダクトです。手数料を安くすることで少額送金にも利用しやすいように設計しています。プロダクトのコピーとして『THE FUTURE OF BANKING IS HERE(未来の銀行はここにある)』と銘打っているように金融サービスに特化しています。

  • リアルタイム決済(2〜5秒)
  •  暗号的に安全な取引
  •  企業コンプライアンス
  •  メールのように動く支払い
  •  単一の統合による国際的な取り組み
  •  マイクロペイメントに最適:$ 0.01の手数料で約60万件の取引が処理されます
  •  自動両替

時価総額ランキング8位

2018年4月20日時点の時価総額は$6,902,738,322で、日本円では約7,282億円です。(1ドル=105.5円)

2018年には、幅広い種類の金融商品をネットワークに導入するために大きな力を入れていきます。SDEXはすべてのステラ・トークンのためのファースト・リゾートの交換であり、将来的には、カーボンクレジット、石油先物、最新のデジタル資産がすべて安価かつ迅速に取引されることを予見します。

Stellarの公式ブログ内で2018年のロードマップとして上記を掲げているので、2018年はStellarマーケットがBtoBで拡大することを目指しているようですね。

(StellarのブログはGoogle翻訳である程度読めます。月間報告やICOについてなど読み応えのある記事が多くておすすめです)

基本的には、手数料を安く、スピードを速く、低所得者でも使いやすいプラットフォームを目指しているStellarなので、期待したいと思います。

Stellar(ステラ)XLM(ルーメン)の価格

ステラ/ルーメンの単価(XLM/JPY)

 

ステラ/ルーメンの価格変動と今後の予測

ステラチャート一覧

 

2014年のローンチ当時は$0.002でスタートしたStellarは、2015年のアップデート時も価格変動はほとんどありませんでした。

最初の高騰は、2017年5月で$0.046なのでおよそ23倍に爆上げしています。そこから仮想通貨市場の急拡大の波に乗り、2018年1月には$0.876まで上がったのでさらに19倍となります。

現在は落ち着きを取り戻し2018年4月20日時点で$0.378、日本円でおよそ40円となっています。

ステラ/ルーメンの情報を詳細に掲載しているwebサイトをいくつかご紹介します。

StellarはIBMや世界的な大手企業であるデロイトと提携をしているので、長期的にみると成長が期待できるプロダクトという見方が多いです。

リップルとよく比較されていますが、リップルから派生したプロダクトだそうです。なんとなく最終的には統合するような気が個人的にはしています。

Stellar(ステラ)XLM(ルーメン)を取り扱う国内取引所

2018年4月20日時点では、ステラ/ルーメンを取り扱う国内取引所はありません。

もちろん、海外取引所には上場しているのでこの機会に海外取引所デビューをしてみてはいかがでしょうか?

Stellarマーケットボリューム一覧

coinmarketcap.com

Stellar(XLM)の取引状況は、Binanceでのビットコイン建て取引が23.56%と最も多く、次いでUpbitの韓国ウォン建てが19.04%となっています。

まずは、国内取引所でビットコインを購入して、ビットコインを海外取引所に送付すると、各取引所でStellar(XLM)の購入を開始することができます。

仮想通貨取引所の選び方 初心者が見るべき6つの違いを比較

Stellar(XLM)のまとめ

今回記事を書くにあたり、Stellarの公式HPを読み込みましたが2014年から続くブログやプロダクトの説明など、充実した内容に好感を持てました。今までロケットが可愛いという印象しかなくてごめんなさい。笑

MtGOXの開発者が開発に加わってるということで、仮想通貨黎明期を牽引するメンバーがいることも信頼したくなる要因です。

Stellarを応援するためにもXLMを保有したい!という方は、海外取引所の中でも対応に誠実さがあって人気のあるBinanceをお薦めいたします。

仮想通貨初心者の私なつこが、ZaifとBINANCEを使用してステラ(XLM)を購入した記事をまとめたので、参考んしてみてください。

海外取引所BINANCEで仮想通貨ステラ/XLM(ルーメン)を購入する方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨の種類カテゴリの最新記事