仮想通貨2018年予測

海外取引所BINANCEで仮想通貨ステラ/XLM(ルーメン)を購入する方法

海外取引所BINANCEで仮想通貨ステラ/XLM(ルーメン)を購入する方法

仮想通貨ステラの記事を書いてから、ステラ熱が上がり遂に購入しました。

出川組の私が、初めて海外取引所を利用したので、同じようにこれから海外取引所を使おうと思っている方のお役に立てばと思い、記事を書きます。

海外取引所で仮想通貨を買う流れ

海外取引所は、日本円が基軸通貨になっていないので仮想通貨を送金する必要があります。

  1. 国内取引所開設(書類到着まで5日くらい)
  2. 海外取引所開設(即日完了)
  3. 国内取引所で基軸通貨を購入(書類到着後に利用OK)
  4. 国内取引所から海外取引所に送金(ビットコインかイーサリアム)
  5. 海外取引所で着金確認(状況によって数分~数時間)
  6. 海外取引所で仮想通貨購入(国内取引所と同じ)

私は、Zaifでイーサリアム(ETH)を購入して、BINANCEに送金しました。

海外取引所で仮想通貨を購入するまでをひとつずつ見ていきましょう。

国内取引所開設

海外取引所に興味がある方は、国内取引所の口座をすでに持っている方がほとんどだと思います。BINANCEが基軸通貨として採用してるビットコインとイーサリアムは、どの取引所でも購入できるので送金機能がある取引所ならどこでもOK。

国内取引所の口座開設方法を簡単にまとめてるので、初めて口座開設をする方はチェックしておいてください。

仮想通貨国内取引所の口座開設に必要なもの

Zaif,Bitbank,Bitflyerは送金画面が分かりやすいかなと個人的には感じています。

これから開設する方は手数料など参考にしてみてください。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

イーサリアム(ETH)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

 

海外取引所開設

今回、BINANCEを使用していますが海外の仮想通貨取引所はメールアドレス認証のみで利用できるところがほとんどです。

その代わりと言っていいのか微妙ですが、口座開設可能な人数を制限しています。2018年年始はBINANCEで口座開設が一時的に出来なくなっていたとSNSで話題になっていました。

2018年5月現在は、比較的落ちついている状況なので海外取引所をいくつかまとめて開設しておくと良いのかなと。BINANCEは取扱い通貨が多く、手数料も安いので初心者さんならこれだけでOKだと思います。

 

注意
BINANCEを始め、仮想通貨系のサイトは詐欺サイト(フィッシング)が横行しています。酷似したURLとサイトデザインで個人情報を盗んだり、入金金額を不正取得するケースも。信頼できるリンク元を使用しましょう。 ※上記ボタンはBINANCEから発行されたリンクなので安心です。

国内取引所で基軸通貨を購入

今回は、Zaifのケースで説明しますね。

Zaifに日本円を入金し、基軸通貨を購入をします。

基軸通貨とは?
ドルを円で購入できるように、ビットコインを円で購入できますが、この場合基軸通貨は”円”になります。 海外取引所では、基軸通貨として”ドル”が用意されていますが、それ以外にビットコインやイーサリアムなど主要仮想通貨で、他の仮想通貨を購入することができます。

ビットコインは送金手数料が高く、送金時間が遅いので今回はイーサリアムを購入しました。

日本円入金から仮想通貨購入までの詳細な方法はこちらの記事をご覧ください。

Zaif(ザイフ)の使い方 日本円入金から実際の取引まで簡単解説

国内取引所から海外取引所に送金

海外取引所への送金と言っていますが、取引所内のアクションとしては出金となります。

Zaif出金画面

出金の画面に移動すると、通貨を選べるようになっているので送金したい仮想通貨を選びます

画面下に移動すると、出金アドレスと出金額を入力する画面が出てきます。アドレスの取得方法は後で書きますね。

出金額は、もちろん仮想通貨単位で書いてください。日本円じゃないですよ。

私は、0.25ETH(日本円で当時1.5万円分)を送金しました。出金手数料が0.01ETHかかるので口座からは0.26ETHが引き出されることになります。

zaif出金画面

出金アドレスは、送金先の海外取引所から取得します。

BINANCEにログインしたら、右上のGoogle翻訳で日本語を選択しておきましょう。

サイト上部の、ファンドから預金へ移動すると下記のような画面になります。

画像ではETH(イーサリアム)が選択されていますが、最初は空欄になっていますので必ず送金する仮想通貨を選択してください。※例えば、イーサリアムを送りたいのにビットコインのアドレスを取得すると送金エラーになり、最悪の場合消失します。

バイナンスアドレス確認画面

ETHの預金住所というところに、アドレスが表示されるのでコピー住所をクリックしてコピーしましょう。

これを、Zaifの出金アドレスにペースト(右クリック→貼り付け)すればOKです。

Zaifの出金画面で青い出金ボタンをクリックしましょう。

海外取引所で着金確認

BINANCEサイト内の、ファンドからトランザクション履歴を開くと入出金の履歴が確認できます。

バイナンス トランザクション履歴

今回は、4月20日(金)の18:04にZaifから出金(送金)した約0.25ETH (イーサリアム)が同日18:10にBINANCEに着金していました。

色々な口コミで不安になっていましたが、予想外の速さに驚きました。

送金する仮想通貨の種類によって、送金時間は変動します。ご注意ください。

バイナンスの着金画像

海外取引所で仮想通貨購入

いよいよ仮想通貨の購入です。

バイナンス購入ボタン

画面左上の交換から基本的なをクリックすると、取引画面になります。

 

バイナンス取引画面

画面右側の小さな検索窓に購入したい仮想通貨の名称を検索します。

今回はステラ(XLM)だったので、”xlm”で検索しました。

検索窓の下には、仮想通貨の取引一覧が掲載されているので、該当取引をクリックしてもOKです。

基軸通貨を最初に選択
検索窓の上に”BTC”や”ETH”、”BHB”と並んでいますがこれが取扱い基軸通貨です。今回はETH(イーサリアム)を送金したのでETHを選びました。

通貨を選択して、画面下へ移動すると取引画面があります。

このあたりは日本と同じ仕組みなので、感覚で使えますね。

バイナンス購入ボタン

中央左側の緑のボタンが購入注文となります。

さらに左側に取引交渉価格がリアルタイムで反映されいるので、売買金額の参考にしましょう。

希望の金額で注文を行い、約定されると口座残高に反映されます

確認画面は、ファンドから残高を開きます

これで無事にステラ(XLM)を購入することができました!

嬉しい~♡

ステラに期待を込めつつ、BINANCEの他の銘柄もチェック中です。カルダノ(ADA)も記事を書いてから気になっているので動向を追いかけたいと思います。

仮想通貨ステラのプロダクトを知らない!という方は一度記事をお読みください。

仮想通貨Stellar(ステラ)プロジェクト XLM(ルーメン)の特徴や2018年予測 手数料最安の取引所も徹底調査

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事