仮想通貨2018年予測
ビットコイン(BTC)のハードフォーク2018年最新版 特徴や歴史など徹底解説

これまで何度もハードフォーク(分裂)を行ってきたビットコイン。

その歴史とビットコインからハードフォークした仮想通貨の特徴や基本情報をまとめました。

ハードフォーク情報は、詐欺やガセネタも多いので情報を精査する参考にしてみてください。

ハードフォークとは?

ハードフォークは分裂という表現をされますが、この表現は誤解を生みやすいと感じています。実際、私も長らく勘違いしていました。

ハードフォークは寿司屋に似てる

ビットコインのハードフォークは寿司屋みたい

ハードフォークは、内部分裂と思っている方はいませんか?それは少し違います。

ハードフォークをするというのは、実作業でいうとビットコインの機能を追加・変更するためにブロックチェーンを枝分けすることを言います。

ビットコインのブロックチェーンは、ハードフォーク後も伸び続けますが、枝分かれしたブロックチェーンは名前を変えて伸び続けます

面白いのは、誰でもいつでもハードフォークを行うことができるということ。

ビットコインはオープンソース非中央集権(特定管理者が不在)なので、ビットコインコアというビットコインソフトウェアを操作できれば、誰でも開発に参加できます。

私はエンジニアではないので、理解があいまいな部分もありますが、これを知ったときに浮かんだのがお寿司屋さんでした。

(ラーメン屋でもケーキ屋でも良いのですが…)

日本で生まれた寿司は、元々はファーストフードで安い早い美味いでした。

それが世界のSUSHIになった今は、銀座で50,000円のコースがあったり、回るお寿司が100円で食べれたり。技術も価格もブランドもニーズもバラバラですが、それは全て寿司です。

お寿司屋さんを始めるのに、初代寿司屋に許可を取る必要はありません。レシピも知られており、創作することも許されています。

有名店や高級店で修業をして、のれん分けしてもらうことで信頼を得ることができますが、一から一人で立ち上げることもできます。

ビットコインのハードフォークも同じように見えます

ビットコイン開発に携わっていた人別のチームを立ち上げてハードフォークをすることもあれば、全く新しいチームがビットコインのハードフォークを行い、ハードフォークコインを作ることもあります。

ハードフォークによって生まれた仮想通貨のベースはビットコインですが、送金スピード手数料新しい機能他の仮想通貨との合体など特徴は様々です。

それぞれの価値は、ニーズによって決まりますが、ビットコインブランドの強さは今のところ健在なようです。

何故ハードフォークするの?

ビットコインの機能に不足があるなら、新しい仮想通貨を作れば良いですよね。それよりもハードフォークを選ぶのは何故でしょうか。

思想や理念は同じで、課題を解決したい

ビットコインは、Dapps(非中央集権)通貨を実現するためにブロックチェーン技術を活用している仮想通貨(暗号通貨)です。

Satoshi Nakamoto名義で発表された論文をもとに開発がスタート。Dappsであることが最重要というメッセージが強いイメージです。

現在は、仮想通貨の種類が多くありますが、正確に言えばDappsでないものも多いので、Dappsの象徴的存在であるビットコインは重要な存在です。

しかし、先駆者である分粗削りな部分もあり、決済利用や送金など実用化を考えると機能変更や設計見直しが必要という声もあり、ハードフォークが実行されると新ビットコインとしてニーズが高まりやすい傾向があります。

ぶっちゃけブランド力が欲しい?

Satoshinakamoto

ビットコイン〇〇という仮想通貨は、それだけで広告力が強いと考えてよいでしょう。

何故なら、ビットコインに圧倒的な知名度があるからです。

小室哲哉プロデュースだと歌が売れる、というのと似ています。(ちょっと古いですか?)内容を知らなくてもちょっと聴いてみようと思ってもらえますし、歌の価値がよく分からなくても小室さんファンなら買うかもしれません。

仮想通貨界隈では、手っ取り早く稼ごうとしているように見える人々が多いです。

ビットコインでハードフォークして、それっぽいwebサイトを作って、取引所に上場するところまで持っていければ、ある程度の価値はつくだろうと考えるのも分かります。

ビットコインのハードフォークに噂が多いのは何故?

ビットコインのwikipediaを見ていただくと早いのですが、「どこまでがホント?」というハードフォーク情報が掲載されています。

前のほうで書いたとおり、ビットコインのハードフォークは一定条件が揃えば誰でもできます。

2017年12月19日には、わずか0.01BTCで自作のハードフォークが出来るというforkgen.techなるサービスが登場。実際にforkgenでビットコインのハードフォークを行った人はわずかながらいるようです。

しかしReddit内でforkgenの反応はほとんどない>>Redditへ

ビットコインがDappsであるからこそ、(特定の国や会社の持ち物ではないので)言ったもの勝ちな環境になりやすいのでしょう。

Bitcoinとハードフォークコイン 一覧

Bitcoinのハードフォークについて、①取引所に上場していて②webサイトにハードフォークについて明記しているのが以下の6つです。

bitcoinハードフォークの歴史一覧

Bitcoinの特徴と課題は以前の記事でチェック

BitcoinCashの特徴

唯一日本でも購入可能なBTCフォークコインです。

 

分岐したブロックNO:478558

ハードフォーク実施日:2017年8月1日

ブロックサイズ:8MB(ビットコインの8倍)

BitcoinCashの基本情報

読み方:ビットコインキャッシュ

ティッカー(通貨略称):BCH、BCC、XBC

公式サイト:https://www.bitcoincash.org/

主要取引所:UpbitBINANCE 

BitcoinGoldの特徴

 

分岐したブロックNO:491406

ハードフォーク実施日:2017年10月24日

ブロックサイズ:1MB(ビットコインと同じ)

BitcoinGoldの基本情報

読み方:ビットコインゴールド

ティッカー(通貨略称):BTG

公式サイト:https://bitcoingold.org/

主要取引所:UpbitBINANCE

BitcoinDiamondの特徴

 

分岐したブロックNO:495866

ハードフォーク実施日:2017年11月24日

ブロックサイズ:8MB(ビットコインの8倍)

BitcoinDiamondの基本情報

読み方:ビットコインダイアモンド

ティッカー(通貨略称):BCD

公式サイト:http://btcd.io/#/

主要取引所:BINANCE

SuperBitcoinの特徴

 

分岐したブロックNO:498888

ハードフォーク実施日:2017年12月12日

ブロックサイズ:8MB(ビットコインの8倍)

SuperBitcoinの基本情報

読み方:スーパービットコイン

ティッカー(通貨略称):SBTC

公式サイト:http://supersmartbitcoin.com/

主要取引所:Gate.ioOKEx

LightningBitcoinの特徴

 

分岐したブロックNO:499999

ハードフォーク実施日:2017年12月19日

ブロックサイズ:2MB(ビットコインの2倍)

LightningBitcoinの基本情報

読み方:ライトニングビットコイン

ティッカー(通貨略称):LBTC

公式サイト:http://lbtc.io/

主要取引所:CoinEgg

BitcoinPrivateの特徴

 

分岐したブロックNO:511346/Zclassicブロック:272991

ハードフォーク実施日:2018年3月3日

ブロックサイズ:2MB(ビットコインの2倍)

BitcoinPrivateの基本情報

読み方:ビットコインプライベート

ティッカー(通貨略称):BTCP

公式サイト:https://btcprivate.org/?lang=ja

主要取引所:HitBTC

 

今後のビットコインハードフォーク予定

最初からじっくり読んでいただいた方はなんとなくお気づきかもしれませんが、ビットコインのハードフォーク予定は正確には分かりません。

どこかで誰かが知らないうちに、こっそりハードフォークをしているかもしれませんし、それは取引所に上場されないものかもしれません。

香港の仮想通貨取引所であるBINANCEは、フォークコインは全て取り扱うと表明しているという記事を見かけたのですが、BINANCEが公式に発表しているものは見つけられませんでした。

ビットコインがハードフォークすると、元々ビットコインを保有している人には同数のフォークコインが付与されます。

上記のルールを利用して、ハードフォークコインが上場予定の取引所にビットコインを預けておくと、真偽の確認ができるかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でコインプラネットをフォローしよう!

 


\もっと仮想通貨のことを知りたい?/
仮想通貨webサイトリンク集
  1. 仮想通貨ブログランキング>>ランキング参加中!
  2. にほんブログ村 仮想通貨情報>>ランキング参加中!
  3. ブログ王投資ブログ一覧>>ランキング参加中!
  4. Coinmarkercap>>仮想通貨時価総額ランクの情報元
  5. コイン神社仮想通貨ICOの最新情報ならここ!
  6. bitpet-ビットペット>>仮想通貨イーサリアムを使ったDappsゲーム

仮想通貨の種類カテゴリの最新記事